激安アジアンタイヤ、性能に問題ないが安い中国製には要注意!

アジアンタイヤは、一般に韓国製や台湾製のものを指すが、私も5年ほど前、激安アジアンタイヤを試してみたことがある。

韓国の『ネクセン』というメーカーのものだったが、性能的にはまったく問題なく、ごく普通に走ってくれた。
値段も当時は激安と言えるレベルにあった。

世の中グローバル時代である。アジア製だからと言って、品質がそんなに極悪なわけがない。
ごく普通に走る限り、なんら問題ないと考えていいだろう。

ただ、アジア製の中でも飛び抜けて安い中国製だけは考え物だ。
中国製タイヤは韓国製や台湾製のさらに半額程度で買えるが、性能レベルもガックリ落ち、業界では「中華製」として別扱いされている。

タイヤは命を預かるだけに、人命軽視の国・中国製を取り付けるのだけはいかがなものかと考える次第である。
出典 NEWSポストセブン

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

ブリヂストン、REGNO GR-レジェーラなど3商品が「2016年度グッドデザイン賞」を受賞
三菱自動車、燃費不正問題|自動車ニュース
《ハミタイ》クルマの車体からタイヤのはみ出し、ハミタイが10mm未満までOK!
住友ゴム、2017年度ダンロップモータースポーツ活動計画を発表
【トーヨータイヤ】ブランドコンセプトムービーと企業TVCFを一新
《ALENZA》ブリヂストン プレミアムSUVタイヤの新ブランド「ALENZA(アレンザ)」
《日産ノート e-POWER》新車販売、サニー以来30年ぶりの首位
オールシーズンタイヤ「グッドイヤーVector 4Seasons」が国内生産のHybridで新発売!
《NV350キャラバン》リチウムイオンバッテリー搭載のグランピングカー「NV350キャラバン」を初公開
東洋ゴム工業「宮城のおいしいおすそわけ」キャンペーン展開
《ピレリタイヤ》F1が望むタイヤを用意した。退屈になっても責任はない
ブリヂストン独自のモノづくりICTを搭載 最新鋭タイヤ成型システム「EXAMATION」を彦根工場に初導入
【コンチネンタル TechRide】走行しながらタイヤの残り溝がわかる技術|自動車ニュース
ブリヂストン スタッドレスタイヤ《BLIZZAK》綾瀬はるか教授が「真夏の冬タイヤゼミ」を開講!
東洋ゴム工業、Jリーグ「ベガルタ仙台」の「CSRパートナー」なる契約を締結!

Menu

HOME

TOP