マツダ47万台リコール《マツダ「アクセラ」「CX-3」etc.》|自動車ニュース

エンジンの制御プログラムやバックドア部品に不具合があったとして、マツダは1日、「アクセラ」「CX-3」など2件で7車種計47万9940台 (2007年12月~16年8月製造)のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。走行中にエンジンが止まるなどのトラブルが15年2月以降、 846件起きたがけが人は出ていない。
同省によると、エンジンを制御するプログラムが不良で、排気バルブにすすがたまってエンジン出力が低下する恐れがある。また、バックドアを支える棒状部品の金属製パイプの塗装が不十分で、腐食が進んで破断し、ドアを開けた際に周りを覆うカバーが飛び散る可能性がある。
出典 news.www.jiji.com

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

【コンチネンタル TechRide】走行しながらタイヤの残り溝がわかる技術|自動車ニュース
《ALENZA》ブリヂストン プレミアムSUVタイヤの新ブランド「ALENZA(アレンザ)」
東洋ゴム工業、Jリーグ「ベガルタ仙台」の「CSRパートナー」なる契約を締結!
《ピレリタイヤ》F1が望むタイヤを用意した。退屈になっても責任はない
三菱自動車、燃費不正問題|自動車ニュース
《ハミタイ》クルマの車体からタイヤのはみ出し、ハミタイが10mm未満までOK!
《NV350キャラバン》リチウムイオンバッテリー搭載のグランピングカー「NV350キャラバン」を初公開
ブリヂストン スタッドレスタイヤ《BLIZZAK》綾瀬はるか教授が「真夏の冬タイヤゼミ」を開講!
【トーヨータイヤ】ブランドコンセプトムービーと企業TVCFを一新
住友ゴム、2017年度ダンロップモータースポーツ活動計画を発表
激安アジアンタイヤ、性能に問題ないが安い中国製には要注意!
ブリヂストン、REGNO GR-レジェーラなど3商品が「2016年度グッドデザイン賞」を受賞
ブリヂストン独自のモノづくりICTを搭載 最新鋭タイヤ成型システム「EXAMATION」を彦根工場に初導入
東洋ゴム工業「宮城のおいしいおすそわけ」キャンペーン展開
オールシーズンタイヤ「グッドイヤーVector 4Seasons」が国内生産のHybridで新発売!

Menu

HOME

TOP