ブリヂストン独自のモノづくりICTを搭載 最新鋭タイヤ成型システム「EXAMATION」を彦根工場に初導入

株式会社ブリヂストンは、タイヤ生産技術における更なる品質向上、高生産性を実現するため、当社独自のICTに、新たに人工知能(AI)を実装した最新鋭タイヤ成型システム「EXAMATION」を当社グループのフラッグシップ工場である彦根工場に初めて導入しました。

当社は、今後このシステムを既存工場、新設工場などグローバルに展開していくことで、生産競争力の強化を図るとともに、より高品質の商品を、多くのお客様に提供していきます。

当社は、1990年代後半から高性能タイヤの開発、品質向上に向け、ICTや最先端技術を導入したタイヤ生産システムの研究、開発を行ってきました。
2002年には、世界で初めて部材工程から製品検査工程までを全自動化し、また生産現場の状況をリアルタイムで把握するネットワーク技術を導入した生産システム「BIRD」を開発しました。
出典 bridgestone

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

《NV350キャラバン》リチウムイオンバッテリー搭載のグランピングカー「NV350キャラバン」を初公開
《ハミタイ》クルマの車体からタイヤのはみ出し、ハミタイが10mm未満までOK!
【トーヨータイヤ】ブランドコンセプトムービーと企業TVCFを一新
ブリヂストン、REGNO GR-レジェーラなど3商品が「2016年度グッドデザイン賞」を受賞
【コンチネンタル TechRide】走行しながらタイヤの残り溝がわかる技術|自動車ニュース
マツダ47万台リコール《マツダ「アクセラ」「CX-3」etc.》|自動車ニュース
《ALENZA》ブリヂストン プレミアムSUVタイヤの新ブランド「ALENZA(アレンザ)」
三菱自動車、燃費不正問題|自動車ニュース
《ピレリタイヤ》F1が望むタイヤを用意した。退屈になっても責任はない
ブリヂストン スタッドレスタイヤ《BLIZZAK》綾瀬はるか教授が「真夏の冬タイヤゼミ」を開講!
激安アジアンタイヤ、性能に問題ないが安い中国製には要注意!
《日産ノート e-POWER》新車販売、サニー以来30年ぶりの首位
東洋ゴム工業、Jリーグ「ベガルタ仙台」の「CSRパートナー」なる契約を締結!
東洋ゴム工業「宮城のおいしいおすそわけ」キャンペーン展開
オールシーズンタイヤ「グッドイヤーVector 4Seasons」が国内生産のHybridで新発売!

Menu

HOME

TOP