タイヤパターンと特徴|タイヤパターン豆知識

タイヤパターンと特徴についての豆知識です。

タイヤパターンにはいろいろな形状がありますが、それぞれ、タイヤパターン(溝)には、役割が有ります。

タイヤパターン(溝)の役割には排水、制動力、駆動力やけん引力、操縦安定性の向上やタイヤの放熱などの働きがあります。


タイヤパターン:リブ
・形状:周方向に連続した模様。通常、タテ溝と呼ばれるパターンです。
・特徴:1. 操縦安定性が良い。2. 転がり抵抗が小さい。3. 低騒音である。 4. 排水性に優れる。5. 横すべりが少ない。

illust_ribu


タイヤパターン:ラグ
・形状:横方向に連続した模様。通常、ヨコ溝(ゲタ)と呼ばれるパターンです。
・特徴:1. 駆動力、制動力に優れる。2. けん引力が強い。3. 耐カット性に優れる。

illust_ragu


タイヤパターン:リブラグ
・形状:リブ型とラグ型を併せた模様。
・特徴:1. リブで操縦安定性、横すべ り防止を図る。2. ラグで駆動力、制動力を発揮させる。

illust_riburagu


■タイヤパターン:ブロック
・形状:独立したブロックを配列した模様。ミックスと呼ばれるパターンです。
・特徴:1. 駆動力、制動力に優れる。2. 雪路、泥ねい地の操縦性、安定性が良い。

illust_brock

 

以上、タイヤパターンと特徴豆知識でした。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP